1. ホーム
  2. 個人間売買
  3. ≫極力避けたい…個人で車を売ることへの大きなリスクを知ろう

極力避けたい…個人で車を売ることへの大きなリスクを知ろう

個人売買だからと言って甘く見てはいけない取り決めごと
個人で車を売る時は支払い方法の徹底した確認が必要
誰にでも即実行可能な車を安心・安全に売る方法

【個人売買でも契約書は必須】

  • 車の個人売買はメリットが大きい分、リスクも高い
  • 車の個人売買に関するトラブルの多くは契約書を用意していないことが原因
  • 個人で車を売る時には名義変更不備による自動車税の二重払いに注意

時代の移り変わりと共に、車の売却方法も大きく様変わりした昨今。インターネットの劇的な普及により、近年では個人的にオークションなどを利用して車を売る方が増えてきました。オークションなどの個人売買を利用すると、購入時には一般的な相場よりも安く車が買え、逆に売るときには相場よりも高く売れる可能性を秘めていますが、その裏にはとんでもない危険性が隠されていることを知らねばなりません。

kiken-f

そもそも個人売買では暗黙の了解…いわゆる“現状渡し”で商品を売買しているケースが多く、中古車販売店等で双方が交わすような契約書を用意しないケースがほとんどです。そのため車の個人売買に関するトラブルの多くは、契約内容など書類手続きに関するものや支払いの金銭面に集中しています。つまり、契約書が無いことが原因により、後々「言った・言わない」の水掛け論になってしまいがちなのです。

ここで言う書類手続きに関するトラブルというのは主に、車を売った後に買い手の人間が名義変更をしてくれないケース。そうなると問題になるのが、自動車税です。
自動車税は毎年4月1日の段階で、車の使用者あるいは所有者に対して支払い義務が発生します。そのため、4月1日以降に名義変更をされた場合は、前の所有者に支払い通知が届いてしまうのです。前の所有者にとっては当然所有していない車の納税通知書が届く形になりますので、たまったものではありません。

u-n4

こうした事態を防ぐためには、名義変更を済ませてから相手に車を渡すのが一番です。車の受け取り側の都合でもし名義変更が4月1日以降になってしまいそうな時には、前の所有者へ連絡を入れておくことが最低限のマナーですので覚えておきましょう。

【小切手だからといって安心はできない】

  • 分割での支払いを要求された場合は銀行などのローンを利用するように勧める
  • 小切手での支払いには“不渡り”の危険性があるため、不慣れな人は扱わないほうがいい
  • 支払いのトラブルを防ぐには一括払いで現車と交換するのがベスト

前述したように、車の個人売買では支払いに関係した金銭トラブルも非常に多発しています。中でも多いのが、車を売った時の支払いに分割や小切手を使用された場合です。売った相手が分割での支払いを希望してくる場合は、現状では相手が分割分のお金しか持っていない状況が考えられます。つまり、あまり考えたくはありませんが、後々に支払いが滞る心配もあるというわけです。

そのため、もし分割での支払いをお願いされた場合は、金利の低い銀行ローンなどの利用を勧めてください。それでも相手がそうしたローンの利用を拒む場合はその取引きは潔く白紙に戻すか、しっかりとした契約書を交わすことが懸命です。

keiyaku1-f

そしてこれはあまり無い事例かもしれませんが、支払いに小切手を使用された場合です。小切手とは、銀行でお金と交換できるチケットのようなもの。しかしそれは小切手の持ち主(相手方)の口座にお金があっての話。そこにお金が無ければ、いわゆる“不渡り”となってお金に換えることができませんので、当然あなたの手元には1円も入りません。

もし不渡りで小切手を換金出来なかった場合は、振出人や裏書人に対する請求を行うことが可能ですが、その際には銀行から証明書を作成してもらわなくてはいけないため、面倒な手続きが必要になります。

bank-f

小切手の場合は詐欺にも十分な注意が必要ですので、扱いが不慣れな方は安易に受け取らないほうがいいでしょう。こうした金銭トラブルの被害者にならないためには、現金の一括払いで現車と交換するのが一番安全です。その際には事前に名義変更も済ませておきましょう。

このように多くのトラブルが発生しやすいのが、車の個人売買が抱えるデメリットと言えます。他人を信用するな…とは言いませんが、全ての人が何事に対してもしっかりと対応をしてくれるわけではないことを十分に心得ておきましょう。特に面識が無い相手に車を売る場合には細心の注意を払うべきです。

【車は信頼出来る業者に売るのが一番】

車を売却するなら、やはり安心・安全が大前提。そうなると、信頼出来る売却先は大手の中古車買取店という結論にいたります。とは言え、ひと口に大手の中古車買取店といっても現在では全国に多くの店舗が存在していますので、どこに依頼すればいいのかお悩みになること必至です。

そんな時にはインターネットの中古車一括査定サイトを利用しましょう。一括査定サイトには全国100社以上の中古車買取店が参加していて、その中から最大10社の買取店から査定額の見積りを無料で取ることが出来ます。カスタマーサポートも完備されていますので、初めて利用する初心者さんでも安心です。

ikkatsumitsumori-z

しかも、サイト内ではあなたの愛車をめぐって買取店同士が価格競争状態になりますので、価格が自然と上昇していく嬉しいサプライズも魅力と言えます。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。