1. ホーム
  2. 中古車
  3. ≫【ストレスなく愛車を売却】千葉県君津市の車買取事情

【ストレスなく愛車を売却】千葉県君津市の車買取事情

念願のアクセス向上が…千葉県君津市が抱える問題
“消耗品”の価値はここで決まる~千葉県君津市の優良中古車買取店7社
シリーズ(?)“酷道・険道”を往く~千葉県君津市にもあった“酷道”410号線

【交通量の増加と渋滞は切ってもきれない関係性】

  • 重工業地域として発展した千葉県君津市には東京方面へのアクセス難に悩まされていた過去が
  • 現在は道路交通網の整備により利便性が格段に向上しベッドタウンとして注目される
  • 利便性の向上に伴って発生する渋滞問題にはエコカーへ乗り換える発想の転換で対応

千葉県南部、房総半島のほぼ中央に位置する君津市。新日鐵住金君津製鐵所を中心とした重工業地域として有名な君津市ですが、かつては交通の便の悪さが目立つ地域でもありました。東京方面に向かうためには内房線の快速・特急を利用するか、一般道で一旦千葉市内まで走って高速に乗るしかなく、その行程には一時間以上の時間を要していました。

kimitu

しかし館山自動車道の延伸や東京湾アクアラインが開通したことにより状況は一変。千葉・東京・横浜方面への車による利便性は大幅に向上しました。 また現在ではアクアライン高速バス網も整備され、東京駅・羽田空港へのアクセスがさらに容易になったため、今後は新たなベッドタウンとして期待されています。

そうした車の利便性向上に伴い避けられない問題が、道路の渋滞です。そんな渋滞問題を解消する一番効果的な方法はなんでしょうか?

juutai1

答えはカンタン。車に乗らなければいいのですが、それはあまりに極論。ここはひとつ、考え方を変えてみてはどうでしょうか?「せめて環境に優しい車に乗り換える」という方向に。車の数を減らすことは難しくても、燃料消費を抑えたエコカーに乗り換え、地球環境に貢献することはさほど難しいことではありません。

eco-f

今回はそうした際に強い味方となる千葉県君津市の中古車買取店をご紹介します。高額査定の実現に向けた売却の参考にしてください。

【買取店の良し悪しが査定額に直結】

  • 車の買取価格の良し悪しは査定の依頼先によって決まる
  • 数ある買取店の中から優良中古車買取店を見極めるのは難しい
  • 千葉県君津市には地元店を中心に複数の優良中古車買取店が存在

査定の依頼先によって売却価格に大きな差が生じる中古車買取の世界。そうした事実を把握していても、実際にどの買取店に査定を依頼すればいいのかは大きな悩みどころという人もきっと多いですよね。

車というのは“高価な消耗品”です。高く買った愛車だからこそ、少しでも高く手放したいという気持ちは誰もが同じ。ここでは千葉県君津市の優良中古車買取店7社をご紹介します。車の買取査定をご検討中の方は是非参考にしてください。

kimitu

(株)ミヤ自動車
津市南久保1-1-14
0439-53-0007

ラビット君津R127店
君津市南子安8-1-30
0439-50-9393

アップル君津127号店
君津市北子安6丁目18-7
0439-55-8900


有限会社君津マイカーセンター

君津市西坂田3丁目12-7
0439-55-7070

榮真商事
君津市賀恵渕39-1
0439-70-3210

R‐STAGE
君津市常代3丁目1-5
0439-29-6370

車買取販売ウィステリア株式会社
君津市北子安6丁目19-35
0439-29-7160

千葉県君津市で愛車が一番高く売れたお店はどこ?

千葉県君津市には中古車を買い取ってくれるお店がいくつかありますが、あなたが本当に知りたい事は「一番高く売れるお店はどこ?」だと思います。

この質問に誠実に答えるとするなら「全ての中古車買取店で実際に査定してみないと分からない」となります。でもそんなの非現実的ですよね。

しかし、そんな面倒臭がりのあなたでも最高値で愛車を売り抜くための選択肢が他にもう一つだけあります。
それが中古車一括査定サイトの利用です。

中でも、千葉県君津市の中古車査定店のほぼ全てから一括して査定が取れるかんたん車査定ガイドは、査定登録するだけで愛車の概算査定額がすぐに自動表示されます。ですので、もし価格交渉したい時などは査定相場を抑えているあなたは有利に交渉できますので安く買い叩かれることはないでしょう。

中古車一括査定サイトの利用を無理にお奨めはしませんが、現実的に考えると一番楽で確実な方法かもしれませんね。

【その標識にありがたみを感じられるか否か…】

  • 千葉県君津市には一般的な国道のイメージを覆す“酷道”410号線が存在
  • その道のりは危険を促す道路標識のオンパレード
  • しかし、場所によっては必要な標識すら設置されていないなど、迷路のような行程ががひたすら続く

一般的に“国道”というと、「上下2車線から4車線の道路がある」「整備された歩道や並木道がある」「大規模なロードサイド店舗が連なる」というような、立派なイメージをお持ちになる方がほとんどでしょう。しかし、この世には一般国道や県道でありながら、車による通行が困難、あるいは不可能といった状況にある“酷く険しい道”になっているケースも存在します。人はそれを“酷道(こくどう)”または“険道(けんどう)”と呼ぶ…

そんな“酷く険しい道”が、千葉県君津市にも存在していました。それが、国道410号線です。国道410号線は千葉県館山市から千葉県木更津市へ至る一般国道で、 房総半島の端に位置する南三原付近から上り方面へと山の中をひたすら抜けていく道路。

410

走っていてまず目に付くのが、「道幅狭し」「落石注意」「動物注意」と、関東地方ではあまり見かける機会がない道路標識のオンパレード。

410

こうした標識も、「あるだけありがたい」と思わなくてはいけないのが、410号線です。たとえば、上総松丘(かずさまつおか)という地域を過ぎると、410号線がいつの間にか465号線になり亀山湖方面に向かってしまいます。しかしその間にそれを知らせる標識はなく、本来曲がるべき路地のような入口にはカーブミラーが1本立っているだけ。

しかも久留里方面から来ると、そこは緩やかなブラインドコーナーの内側にあるため全く見えません。さらにその先には陥没路やバイクすら車とすれ違い不可能な狭小路が続き、そこを抜けたかと思えば民家が並ぶ裏路地に出るという、まるでクーロン城に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

410

怖いもの見たさでこうした悪路にチャレンジする際は、くれぐれも安全運転を。

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。