1. ホーム
  2. スバル
  3. ≫遊びも仕事もスバルのディアスワゴンにお任せあれ

遊びも仕事もスバルのディアスワゴンにお任せあれ

スバルからダイハツへ~新たな境地に立ったディアスワゴン
仕事車両として最適なディアスワゴンは買取査定でも有利な一台
“ディアスワゴン専門店”を含めた買取り店を効率よく探す方法

【快適性と安全性が両立された人気モデル】

  • ディアスワゴンはダイハツに生産が移った2009年にフルモデルチェンジ
  • 広々室内空間と先進の安全装備でワンボックス型軽自動車トップクラスの人気
  • グレードは全6種類で価格設定は140万円から174万円

スバルの「ディアスワゴン」は、もともと1999年10月から2009年8月までの間、6代目のスバル・サンバーの姉妹車種として商用車(4ナンバー)のサンバーと差別化を図った、乗用グレード(5ナンバー)のモデルとして販売されていたワンボックスタイプの軽自動車です。

diaswagon

しかし、2008年4月にスバルが軽自動車の自社生産から撤退する意向を発表したことに合わせ、ディアスワゴンも他の軽自動車と共にダイハツが生産を手掛けることに。そして翌年の2009年に、ダイハツ「アトレー」のOEM供給を受けた車としてフルモデルチェンジされました。

diaswagon

アイボリーを基調としたインテリアはファブリック素材のシートとも相まって明るく優しい雰囲気に。一方、外観にはメッキのフロントグリルや大型のカラードバンパーを用いることで、相対的な印象を強めています。ワンボックスタイプの軽自動車の中でも、ゆとりある室内空間と高い安全性を兼ね備えたモデルとして高い人気を誇っています。

全部で6種類用意されたグレードはベースとなる「LS」が140万円からで、最上位モデルの「RSリミテッド4WD」は174万円。OEM供給を受けているアトレーとは基本的に同じ車になりますが、ディアスワゴンに関しては全車寒冷地仕様でオーディオレスという違いがあり、「RS」のみユーティリティパックが標準装備されています。トランスミッションはいずれも4ATでターボエンジンを搭載しているため、パワフルかつスムーズな走行が可能です。

diaswagon

【絶えることのない中古車需要に注目】

  • 仕事で多用されるディアスワゴンには、新車を上回る中古車需要が存在
  • 中古車ニーズが多い反面流通量が少ないため、ディアスワゴンは高額査定対象車
  • 普段から酷使されやすいディアスワゴンは日頃のメンテナンスと査定前の清掃が肝心

2009年の発売から既に6年が経過しているということで、中古車市場にも一定量の流通が見られる“新生ディアスワゴン”。そんなディアスワゴンのようなワンボックス型軽自動車の中古車事情には他の車とは異なる特徴が存在します。それは、中古車市場での需要が新車市場を上回るということです。

ディアスワゴンはそのワンボックス型という特性上、仕事で使う業務用車両として利用される機会が多いのです。そのため、一度購入すると長い期間買い替えることなく乗り潰す方も少なくありません。また、仕事用として酷使されることから「中古車で十分」と考える方も多く、ディアスワゴンのような車を求めるユーザーは後を絶ちません。

そして、買い替える方が少ないということは、それに比例して中古車市場に出回る台数も少なくなります。それでいて中古車ニーズは高いという現実からもおわかり頂けると思いますが、ディアスワゴンの様なワンボックスタイプの軽自動車は中古車での価値が上がり易いのです

kuruma48-f

こうした特殊な事情はもちろん売却時の査定にも有利に働きます。年式や走行距離など、車両状態が良好であればあるほど高額査定に繋がりやすくなります。

ただ、仕事で使用される機会が多いディアスワゴンは、普段からラフな扱いを受けている車両が目立ちます。走行距離が目立ったり、多少の疲労感がある車両でも値が付きやすいのがこうした車両の特徴ではありますが、車両状態は良いにこしたことはありません。査定時に少しでも印象アップを図るには、日ごろのメンテナンスと査定前の徹底した清掃が必要です。

【ネット見積もりで高額査定の可能性を引き上げる】

高額査定が期待できるディアスワゴンとはいえ、どこの売却先でも同じように好条件が得られるとは限りません。業者が抱える在庫との関係やお店のカラーとのマッチングなど、様々な要因で査定額は上下します。

そんな時には下取りだけではなく、買い取りを専門とした業者も視野に入れて売却を検討すべきです。むしろ売却価格を優先するなら、今の時代は幅広い流通網を有する買取専門店に依頼をする方が何かとお得な結果が待っていることでしょう。ディアスワゴンのようなある意味趣味性の強い車であれば、その車種だけを専門に扱うお店もあるくらいですから、そうした専門店を利用することでさらなる査定額アップも期待できます。

salesman2-f

インターネットの中古車一括査定サイトなどで査定を依頼すると、そうした複数の優良買取り店から同時に概算価格の見積りを提示してもらえます。見積りは1社でもより多く集めることで、さらに高値で取引される可能性が高まりますので、こうした便利なオンラインサービスは積極的に利用してみましょう。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。