1. ホーム
  2. 個人間売買
  3. ≫【トラブルを回避しよう!】個人間の車の売買は面倒だらけ

【トラブルを回避しよう!】個人間の車の売買は面倒だらけ

お金を手に入れることの裏に潜むリスク
実録トラブル集!明日の被害者はあなたかも!?
招かれざるトラブルはこうして回避せよ!

【個人取引は信用が命】

あなたが愛車を売りたい理由は単純に愛車をお金にしたいということだと思います。今ある愛車を手放す代償として、現金を受け取り次の車の購入費用として考えるはずですよね。すると当然のことながら「愛車を最高額で売ろう」と思うのが自然な考え方です。

kuruma33-f

しかし方法を間違えてしまうと、1,000円の得をするために非常に厄介なトラブルになりかねないのです。その代表的なトラブルの元が、個人同士の車の売買です。

ここでは、実際に起こりがちなトラブル例をいくつか挙げてみたいと思います。

【絶対に気を付けたいトラブル事例】

■後になってのトラブルが耐えない

車を売りたいと思う人間がその車の欠点を言いたがらないのは当然のことですが、考えてみてください。果たして中古車買取店のプロ営業マンは全ての欠点を隠すでしょうか?

答えは『欠点も含めて説明し、後々のトラブルの芽を摘んでおく』です。

しかし個人で車の売買をしようとしている方の多くは上手に営業などできません。欠点を隠していかに高く買い取ってもらうかと考えます。そしてあなたから車を買い取ったオーナーは、後々の故障などであなたに責任問題を問うトラブルもあるのです。

法的目線から見た場合、契約成立後にあなたにアフターフォローを強制することは出来ないかもしれませんが、売り手にとっても買い手にとっても後味の悪い売買となってしまいます。

後味の悪い車の売買をしてしまった男性のイラスト

■ローンを使うことができない

他人同士の個人売買では、当然現金払いの現物渡しが鉄則です。しかし中には「今はこれだけのお金しかないから、残りは後払いにしてほしい」と泣きつく買い手もいると聞きます。

でも、これに応じてしまうと…トラブルは避けて通れないのはどなたでもわかりますよね。

また、領収書に収入印紙が貼っていなかったというトラブルケースもあります。

ryoushuusho-f

■車の売買には様々な手続きがある

まず所有者が変わったら陸運支局に手続きをする必要があります。そして、当然のことながら保険関係の名義変更もしなければなりません。これらのことをしっかりしておかなければ後々の大きなトラブルになってしまいます。

また、自動車税も、売買をする前にどちらが払うのかを決めておかなければ金銭トラブルの原因となってしまいます。

yakusho-f

■車の状態がしっかり把握できない

個人同士の車の売買では、どちらも車に関して素人だと意外な問題になりがちです。

例えば同じ車種でも、どの地域で保管・使用されていたかによって車の状態は変わるのです。特に海の近くの地域は常に潮風に当たっている状態ですのでサビの状態などは深刻なものです。これを買い手側が把握していなければ不満の残る取引となってしまいます。

親しい間柄であっても金銭トラブルというのは深い遺恨を残すものですので、出来れば車のような高級なものの売買はプロに入ってもらったほうが良いのです

■値段のつけ方

個人同士で車の売買を行う際に最もトラブルとなってしまうのが車体の値段です。

売り手側が悪意なく「100万円でいいよ」と安くしたつもりでも、実際の相場は50万円だったというケースが多々あります。この場合は買い手側が損をした気分になってしまいますし、売り手側にとっても親切心が仇となってしまったという不満が残ります。

中古車の値段というのは相場はないものですが、やはり適正価格というものが存在します。その適正価格はプロの買取店でなくては判断できない場合が非常に多いのです。

お互いに気持ちの良い売買をするためにも、専門家や中古車売買のプロの意見というのは大切なことなのです。

satei2-z

【トラブルが面倒な方が使うべきサイト】

個人間での車の売買がいかに面倒なものでトラブルの種となるのかを説明しましたが、もしあなたが「個人同士で車の売買をやめよう」と思ったら、以下のサイトを利用してみてください。

中古車一括査定サイトです。

中古車一括査定サイトというのは、複数社の中古車買取店が集まっているサイトで、個人で車を売りたいという方には素晴らしいサービスとなっています。同時に複数社(多いところでは最大10社の査定額を比較可能)の暫定買取価格が表示されますので、より高い買取価格で取引可能な店舗も一目瞭然です。

ikkatsumitsumori-z

また、法人との取引ですので個人同士の売買のときに起こり得るトラブルも回避できます。むしろ相手は車を買い取ることが仕事ですので、スムーズに取引が行えるようサポートもしてくれます。

個人同士の売買ではストレスがかかるものですが、一括査定サイトを利用することにより円滑な取引が期待できます。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。