1. ホーム
  2. レクサス
  3. ≫最先端のエコをまとう高級車!それがレクサスHS250h

最先端のエコをまとう高級車!それがレクサスHS250h

その高級車は…エコ!
見た目は同じ…?でも、そこは腐ってもレクサス!
高級感溢れる走りの基本はやっぱり足元から!
レクサスブランドのデメリットを補うにはこの方法

【レクサス初のハイブリッド専用車】

トヨタの高級車ブランド・レクサスから発売されている“HS250h”は、同ブランド初のハイブリッド専用車として2009年に登場しました。HS250hという車種名にはあまり馴染みのない方も多いと思いますが、“SAI(サイ)”という名前であればどうでしょう?きっと、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

SAI

HS250hとSAI。実は元を辿れば両者は一台の同じ車になるのです。
HS250hはトヨタブランドから発売されている“SAI”のレクサスにおいての販売名になり、“SAI”から生まれた派生車種として位置づけられています。

現在HS250hはアメリカでの生産が中止されているため、日本専用の車種として販売されています。そのため、国内ではSAIとの差別化が難しくなっていますが、そこは腐ってもレクサス。SAIはどちらかといえばシンプルで無難なスタイルに仕上げられているのに対し、HS250hはレクサスブランドから発売される以上、そこには高級車としての“相応しさ”が加味され、見た目は同じでも中身は全く違う車になっているのです。

HS250h

【HS250hとSAIの違い】

トヨタのSAIがベースになっているレクサスHS250hは、基本的なプラットフォームの全てがSAIと同じになっています。ボディの基本骨格も全く同じで、外観的な違いといえばボディに後付けされるエクステリアパーツのみ。

具体的にはHS250h専用のフロントバンパー周りとリヤバンパーの樹脂パーツで、これによりボディ寸法がSAIよりも80mm長く、幅も15mmほど広くなっています。

ちなみにHS250hにはレクサスブランド車の特徴である「スピンドルグリル」は採用されていません。そのため、フロントマスクはHS250hとSAIの見分けが難しくなるくらい似通ったスタイルになっています。

そんな似た者同士の両者の決定的な違いとして挙げられるのは、やはり内装です。

HS250hのシートはインパネ周りまで本革が使われ、化粧パネルも“なんちゃって”の木目調パネルではなく、本物の木目を使った本木目パネルが使われています。ちなみにHS250hでは標準装備となっている本革シートには、見た目の良さと耐久性を両立させたセミアリニン本革を使用。SAIでは本革シート自体が上級グレードのみのオプションになっているあたりにも、トヨタブランドとレクサスブランドの格の違いを垣間見ることができます。

また、内装色もSAIのように単一ではなく、好きな色を選ぶことが可能。ボディカラーや自分の好みに合わせてインテリアも自由に作り出すことができます。

HS250hの内装

【安定性の高い足回り】

HS250hはレクサス車の中でも、それほど走りに特化した作りの車ではありません。運転感覚はどちらかと言えば普通のガソリンエンジン搭載の4ドアセダン車に近いフィーリングと言えます。

しかしHS250hにはプリウスのハイブリッドシステムをさらに効率化させた“リダクション機構付THS-II”を搭載させたことによって、ハイブリッドカーにありがちな重たいボディを振り回すような感覚ではなく、走りにおいてもハイブリッドカーであることをあまり意識させない軽快な動きができるようになっています。

このような性能を発揮することができるのは、改良されたハイブリッドシステムの恩恵と、優れた足回りのおかげといえます。

HS250hのサスペンションには、フロントは軽量で優れた性能を持つストラット、リヤはダブルウィッシュボーンを採用。これによって乗り心地の悪化や走行性能の限界の低さをカバーすることができ、高級車として相応しい乗り心地と安定性を得ることができたのです。

point2-f

【HS250hの購入を阻む大きな壁…】

先ほども言いましたが、HS250hは腐ってもレクサスです。購入しようと考えた際に一番のネックになるであろう“お値段”について見ていきましょう。

◆“version L” 2WD (FF) 5,677,714円(5,257,143円)
◆“version I” 2WD (FF) 4,834,285円(4,476,190円)
◆“version C” 2WD (FF) 4,484,571円(4,152,381円)
◆“HS250h” 2WD (FF) 4,217,143円(3,904,762円)

レクサス車の中でも比較的安価?な部類に入るHS250hですが、ベースグレードでもその価格は400万円以上と、決してお安い買い物とはいきません。しかし、それでも「HS250hが欲しい!」という場合にはどうしたらいいでしょう?

ここで一番合理的で確実なのは、“今ある車を少しでも高く売って購入費用の足しにする”という方法ではないでしょうか?HS250hを愛車にするためには、今ある車を少しでも高く売ることが必須条件。

okane4-f

愛車を売る方法というのはたくさんありますが、ここで必ず実践したいのが「1社でも多くの会社に査定してもらう」という事です。なぜなら、買取業者によって「欲しい車」や「得意な車種」が違うためです。そのため、より多くの査定をしてもらい、査定額やサービス内容を比較するのがベストと言えます。

ただ、複数社の査定を得ると言っても、一人で沢山の中古車買い取りショップを回るのはとても大変なことだと思いませんか?そんな時には、全国150社以上が加盟する中から最大10社の査定額を比較できる、インターネットの中古車一括査定サイトを利用すると大変便利です!

一括査定サイトでは、

  • 車種
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • ボディカラー
  • オプションの有無

など、あなたの愛車に関する基本情報を元にした概算の査定額が算出され、簡単に愛車の最高額がわかるシステムになっています。

この方法なら、業者同士があなたの愛車をめぐって価格競争を行う状態になるので、自然と高値が付きやすくなる上にあなたは店員さんと直接交渉をする必要がないため、安く買い叩かれてしまう心配もありません

あなたは最終的に、一番高値をつけてくれた業者にコンタクトを取ればいいのです。複数の会社に依頼して比較をすること…それが、最高額での売却への近道です。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。