1. ホーム
  2. レクサス
  3. ≫ア●ムへ走るその前に!レクサスRX450hを買うなら先ずコレを試せ

ア●ムへ走るその前に!レクサスRX450hを買うなら先ずコレを試せ

高級車ブランド“レクサス”に見る現代のセダン事情
レクサスRX450hは“らしくない”次世代SUV
RX450hは“腐ってもレクサス”という現実
“いつかはレクサス”を実現させる方法を考えてみたらこうなった

【高級車としてあるべき形】

  • “レクサス=高級車=セダン”という図式
  • 世界のVIPがセダンを選ぶにはワケがある
  • 高級セダンとワゴンの利点を融合させた“高級クロスオーバーSUV”という存在

レクサスといえばトヨタ自動車が展開している高級車ブランドですが、一般的にレクサスブランドの車に対するイメージというのはどのようなものになるでしょう?

lexus-logo1

多くの方は“セダン”とお答えになるのではないでしょうか。

セダンは人を一番快適かつ安全に運ぶことができる“車の理想の形”といわれているほど理にかなったスタイルをしているのです。そのため、世界の名だたるVIPが使用する公用車には、ほとんどのケースでセダンが採用されています。天皇陛下、大統領、総理大臣…それからいわゆる“組”の幹部にいたるまで、選ばれているのは皆“セダン”です。

ところが近年では“より広く使いがっての良い室内空間”を車に求めるユーザーが増え、かつては庶民の間でも絶対的な市民権を得ていたセダンの人気が急落。日本人が選ぶ車の主役の座は、ワゴンやミニバン勢にとって代わられました。

しかしそんな中、高級セダンの乗り心地とワゴンの快適性を兼ね備えた“高級クロスオーバーSUV”というジャンルが登場し、現在注目を集めています。

hakushu4-f

【ハリアーの進化系・レクサスRX450h】

高級クロスオーバーSUVの中でもひと際特別な存在感を示しているのが、レクサスの“RX450h”です。RX450hはかつて日本国内でトヨタブランドから「ハリアー」として販売されていたモデルであり、ハリアーは高級クロスオーバーSUVの先駆けとして、日本国内はもとよりアメリカでも大ヒットを記録しました。

harrier

そんなハリアーは2009年1月のフルモデルチェンジを機に、それまでのトヨタブランドからレクサスブランドへ移行(3代目RX)。その後も2代目モデルの2.4L車及びハイブリッド車が2012年まで「ハリアー」として継続して併売されていましたが、2013年に3代目のハリアーを公開され、この代からハリアーとレクサスRXは別物になりました。

RX450hの大きな特徴として、

  • V6 3.5アトキンサンサイクルエンジンにハイブリッドシステム+E-Fourを搭載
  • 4.5リッター並みのパワーの動力性能を確保
  • それでいて2リッターセダン以上の実用燃費を実現

などがあげられますが、中でも注目すべきはそのルックスからは想像しがたい低燃費性能です。

実際の市街地でRX450hと同等の動力性能を持つライバル車(4.5リッター級のエンジンを搭載するモデル)と具体的な数字で比較をした場合、ライバル車は頑張ってもせいぜい6km/Lが限界のところ、RX450hは特にエコランを意識せずとも10km/L前後の走行が可能なレベルになります。これがエコランを意識した走りに徹してみると、13km/L~15km/L前後にまで伸びるのですから驚きです。

基本的にSUVは車体が重く、大きくなりがちな傾向にありますので、低燃費走行は最も苦手とする分野になりますが、RX450hはその常識を覆し、街中での燃費にいたっては1.5リッターセダン並みの数字を実現させることに成功したのです。

lexas-nenpi

【RX450hが抱える世知辛い問題】

高級セダンの乗り心地とワゴンの快適性を兼ね備え、なおかつハイブリッドエンジン搭載で燃費も良好となれば、RX450hは庶民のニーズにマッチしたそれこそ理想的な車のひとつにあげられてもおかしくはありません。しかし、そんなRX450hでも唯一庶民のニーズに遠く及ばないのは、言うまでも無く価格でしょう。

RX450hは腐ってもレクサスです。そのお値段はやはり、レクサスブランドとしてふさわしいものになっております。

rx450h

✔RX450h “version L・Air suspension” AWD 6,798,857円(6,295,238円)
✔RX450h “version L” AWD 6,541,714円(6,057,143円)
✔RX450h  2WD (FF) 6,284,572円(5,819,048円)
✔RX450h “F SPORT” AWD 6,953,143円(6,438,095円)
      AWD 6,027,428円(5,580,952円)
      2WD (FF) 5,770,286円(5,342,857円)

RX450hは一番下位グレードのRX450h“F SPORT” 2WD (FF)でも5,770,286円と、その価格は一般的なサラリーマンでも手が出しやすいレベルとは言い難いものがあります。しかし、それでも「RX450hが欲しい!」という場合にはどうしたらいいでしょう?

  • 仕事を頑張って購入資金をためる
  • はじめてのア●ムを利用する
  • 今ある車を少しでも高く売って費用の足しにする

仕事に精を出して購入資金をコツコツ貯める方法は実に堅実ですが、上がるどころか下がる一方のお給料から費用を捻出していくのは文字通り骨身を削る作業になり、途中で挫折してしまう可能性が高まります。かといって、安易に○○ム等のキャッシングやカードローンに頼り、目先のお金に飛びついていては、せっかく手に入れた車も呆気なく手放す事態になりかねません。

aozameru2-f

そうなるとここで一番合理的で確実なのは、残された“今ある車を少しでも高く売って費用の足しにする”という方法になります。

【この方法ならRX450hに手が届く!?】

今ある車を少しでも高く売るには、インターネットの中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。一括査定サイトでは、

  • 車種
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • ボディカラー
  • オプションの有無

など、あなたの愛車情報を元にした概算の査定額が算出され、自宅で気軽に買い取り価格をチェックすることができます。ここでのポイントは、一回の情報入力で複数の買取業者に無料でまとめて一括査定の依頼ができるという点です。この時サイトにもよりますが、多いところでは同時に最大10社の見積もり比較が可能なので、簡単に愛車の最高額がわかるシステムになっています。

ikkatsumitsumori-z

買取業者によって買い取り額は結構違うため、見積もりの結果、買取価格の差が何十万円になることも珍しくないのが、中古車買取りの世界です。そのため、“1社でも多くの会社に査定してもらい、比較をする”ということが大切になってくるのです。より多くの買取業者の見積もりが得られると、より高額の買取が実現する可能性も高まりますよね。

自宅で待つだけであなたの愛車の一番高い買取価格が分かり、高額買い取りまでの手間も時間もお金も一切かからない中古車一括査定サイトの利用は、とにかく高額の買い取りにこだわるアナタにオススメのテクニックといえます。

試しにサイトで買取査定をした後地元の買い取りショップへ行って車の査定額を比べてみてください。その差額に驚かれること間違いありません!

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。