1. ホーム
  2. 交渉術
  3. ≫メールのやりとりだけで愛車の実勢相場を知る3つの禁断技

メールのやりとりだけで愛車の実勢相場を知る3つの禁断技

今は中古車買取店にも立派なHPがありますし、お問い合わせフォームとしてメールアドレスの記載もあります。私のようなコミュ障でもメールであれば聞きにくいことが聞けますし、気軽に問い合わせることができます。中古車一括査定サイトなどでもまずはメールからコンタクトを取る必要がありますので、今の時代はメールが必須という状況です。

net7-f

その際にメール対応で実勢相場を知ることができるんですよ。これは私の長年の経験から言わせてもらいますが、メールだけでその店舗の状況を把握することは可能なのです!店舗の状況を知るとういうことは、突き詰めれば実勢相場も把握することが出来るということなんですよ。

私は重度のコミュ障ですので、このメールに命を賭けます―――というよりも、私の場合は実際に相手と対面してしまったら何も話せなくなってしまいますので、メールで全てを聞き出してからではないと大切な愛車を売るわけにはいかないんです。

これを読んでくれている読者様が全員僕のような極端なコミュ障ということはないでしょう。でもメールのみでそのお店の実勢相場を知ることができたら無駄な時間を大幅にカットすることができるので、私のメール術は万能だと言えます。

egao7-f

私が用いる実勢相場を知るためのテクニックは3つほどあります。簡単に説明するとこんな感じです。

  • 近所の中古車買取店のHPから問い合わせをし、単刀直入に聞く
  • 愛車のメーカーから地元の下取り業者を割り出し、HPからメールで今までの取引相場を聞く
  • 中古車一括査定サイトを使って高額な査定額を聞き出し狙いを定めて交渉する

私が一番オススメなのは「中古車一括査定サイトを使って高額な査定額を聞き出し狙いを定めて交渉する」というものです。

それではその具体的な進行の仕方を説明します!

【ステップ1:中古車一括査定サイトでコンタクトを取るべき店舗を見極める】

高額査定を引き出すには、まず中古車一括査定サイトを利用するのが呼吸をするのと同じくらい自然なことです。しかしながらコンタクトを取ろうと思っている店舗のHPを見ただけでは判断はできません。どこも同じく高額買取を謳っていますので、ここぞという判断基準にはならないのです。また、いくら便利な査定サイトとはいっても表示されるのは暫定査定価格ですので、嘘を言おうと思えば簡単なことなのです。

しかし私達はこの暫定査定価格を見てコンタクトを取るべきか否かを考えますので、業者はあまりにも大げさな嘘はつかないことが多いです。ですので、暫定でも一番高く査定額をつけてくれたお店にコンタクトを取ります。

net2-f

すると大抵は業者側から「現物(現車)を見せてください」とのお願いメールが届きます。買取店側も現物を確認せずに査定額を約束するわけにはいきませんから。

※実際に売り手側が年式を間違えて報告していたというケースは多く、買取店もそういった場合の説明に骨を折るそう

【ステップ2:自分のストーリーを相手に伝える】

こちらの事情を説明します。その際に事務的になってはいけません。ある程度こちらの感情を見せます。そして、この“ストーリー”というのは創作でも構わないのです。

★私がよく送るメール★

こんなに早くメールをいただけるとは思っていませんでした。担当者さんに感謝します!実は先日購入した新車が思ったよりも早く納車されると言われ、嬉しい反面困っております。車庫証明を取るのに今の愛車を出来るだけ早く売却したほうが良いというアドバイスをディーラーさんからいただきました。

下取りに出すかとも考えましたが、知人に●●さん(相手の会社名)が高く買い取ってくれると聞いたので今回相談させていただきました!下取りでは150万円などと散々な査定額をつけられてしまいましたが、●●さんの会社ではどのくらいで買い取っていただけるのでしょうか?

本査定をお願いしたほうが早いとはわかっているのですが、実は今体調を崩しておりあまり外に出られないので、まずは出来るだけ実際の査定額に近い取引データなどを提示してくれると助かります。愛車の詳細を送りますので、よろしくお願いいたします!

【車種】プリウス
【年式】平成24年
【グレード】ツーリングセレクションレザーパッケージ
【ボディカラー】ホワイト
【走行距離】2万キロ未満
【事故歴】ナシ
【付属品】取扱い説明書・スペアキー
【傷やへこみ】目立つものはありません。ディーラーに確認済みです
【ディーラー下取り価格】150万円(苦笑)

上記のような内容をメールで伝えます。一度ディーラーに査定を出したということを伝えるため、傷やへこみの欄に確認済みと記載しました。そしてもう一つ、ディーラーの下取り価格に「(苦笑)」と付け加えるのもポイントです。詳細を伝えることで相手も査定額を想像することが容易になりますので、実勢相場での検討をしてくれるというわけです。

net10-f

【ステップ3:最終確認】

ステップ1・2で答えを誤魔化す相手は満足のいく査定額を得られない危険性が大ですので、私は取引をやめます。必ず「まずはお車を見せてください」と言ってきますが、強く断ります。だって相手は何年も商売しているはずなのに、「まずは車を見てみなければ…」という答えはあまりにも乱暴…不正解なのです。

逆に良い買取店の模範例はこう。

「当社の買取データでは安くても○○万円というお取引をさせていただいております。実際にお車を見せていただいて場合によっては今言っている査定額よりも若干低くなってしまう可能性がありますのでご了承ください。それでは本査定のご検討をお願いいたします」

この模範解答に私は追い討ちでこういったメールをします。

「お返事ありがとうございます。エンジントラブルもなく、大きな汚れもなく、年式やグレードも間違いありませんので、●●さんのおっしゃる概算査定額を下回ることはないと思います。もしも若干ではなく大きな差額が生じた場合はディーラーに下取りに出しますのでよろしくお願いします」

嫌な客だと思いますか?

甘い!!

これは高額査定を崩されないための秘訣でもあるんです!本査定の際に相手が提示した概算査定額を崩されないようにメールで念を押しておきます。

この方法を中古車一括査定サイトで査定額の高かった店舗を上から5社くらいに用いて実勢相場を知るのです。メールの文章はコピーすればいいだけですので比較的時間もかかりません。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。