1. ホーム
  2. 一括査定
  3. ≫インターネットの登場で変わった車の買い取り査定システム

インターネットの登場で変わった車の買い取り査定システム

車の査定は“単独査定”と“一括査定”の2種類
車の高価買い取りを阻む単独査定のデメリット
単独査定の欠点を補うことが出来る“一括査定”の魅力

【インターネットの力が車の査定を変えた】

  • 車の査定には「単独査定」と「一括査定」がある
  • インターネットによる「一括査定」の登場が査定のあり方を変えた

車を買い取りに出す際には必ず“査定”と言うものを受けなければなりません。査定とは、金額・等級・合否などを調査したうえで決定する行為を言います。つまりここでいう査定とは、車の状態を調べて買い取り価格を決めるということです。

satei-f

そんな車の査定は、大きく2つの種類に分けられます。「単独査定」と「一括査定」です。後にそれぞれの特徴を詳しくご説明しますが、ざっくり言うと「単独査定」は一台の車に一つの会社が査定額を提示するのに対し、「一括査定」は一台の車に複数の会社が査定額を提示する方法を指します。

後者の「一括査定」は、従来の買い取り査定よりも高値を引き出せるということから近年人気と注目を集めている方法であり、ここ最近よく耳にするという方も多いと思います。「一括査定」の登場により、車の査定事情というのは大きく様変わりしました。それを可能にしたのがインターネットの力だったのです。

net-f (2)

【車の単独査定にはふたつの大きなデメリットが】

  • 単独査定とは下取りシステムの普及と共に広まった昔からの方法
  • 中古車買い取り専門店の出現で、従来より高値な査定額に注目が集まる
  • インターネットを使った大手買い取り店への依頼では時間がかかる上に他社との比較が困難

「単独査定」もしくは「単独無料査定」という方法は、一台の車に対して一つの会社が査定額を提示するという、日本で販売される車が中古車として「下取り」されるようになってからというもの、長年に渡って実施されてきた馴染みのある方法と言えます。

当初は「自動車販売店」でのみ行われていた単独査定ですが、1990年代に「中古車い買り取専門店」という業態が出現したことで、従来よりも高額な車の査定額に注目が集まるようになりました。

現在日本に存在する中古車販売店は全国におよそ2万店と言われています。中古車販売店のほとんどが車の買い取りも実施していますので、あなたの愛車には全国2万店の買い取り依頼先が存在することになります。自分の愛車を売ることになった場合、多くの方はお住まいの地域にある自動車販売店もしくは買い取り専門店に車を持ち込むことになると思います。こうした数多くのお店の中から少しでも高く買い取りしてくれるお店を探し出すには、何社にも地道な持ち込みを繰り返し、査定を依頼する必要があります。

しかし、全てのお店を回りきるのは現実的に不可能です。そのため多くの方はそこで妥協し、多少評価が低くてもそのまま「下取り」に出してしまうか、買い取り専門店を周るにしても2~3社で終わらせてしまう結果に。

gakkari-tameiki

しかし、そこでもっと高額な買い取りを望む方はインターネットを利用して、オンライン上で買い取りの受付けを行っている大手の中古車買い取り専門店での単独査定に挑むのです。代表的な大手買い取り専門店の一例を上げてみたいと思います。

・ガリバー
・カーチス
・ユーポス
・カーセブン
・ハナテン
・ラビット
・アップル
・ビッグモーター
・JAC
・カウゾー
・T-UP

しかし、この方法にも実は大きなデメリットが存在しています。いかにインターネットを使ったお手軽サービスとはいえ、各お店ごとに愛車の情報を入力していては、膨大な時間を費やしてしまいます。また、単独査定では査定額を他社と比較ができないというのも致命的です。

net-f

【始まりはカービューの一括査定システムから】

  • 一括査定は単独査定の欠点を補える画期的方法
  • 始まりは2000年頃のカービュー一括査定システムから

上記のような単独査定のデメリットを補えるのが、「一括査定」もしくは「一括無料査定」と呼ばれるもの。

一括査定はインターネットの普及から生まれたまったく新しい形の車の査定方法です。インターネットの存在が世間に浸透し始めたのは1995年頃のことですが、ひとつのサイトに全国数百社の買い取り店が加盟し、一台の車に査定を行うというシステムが確立されたのは2000年になってから(その先駆けとなったのが、カービューの一括査定システムと言われています)。

これまでなら自らの足で数社の買い取り専門店を回らなければ査定の依頼をできない上に他社との比較が困難だったところが、一括査定システム(サイト)の登場によって、パソコン上から一度の情報入力によって複数社に同時見積りの依頼が可能になったのです。同時見積りが得られるということは、当然他社と査定額の比較が容易にできるということになります。

ikkatsumitsumori-z

現在、一括査定システム(サイト)を提供する代表的な業者は以下の通りです。

・カービュー
・ズバット車買取比較
・かんたん車査定ガイド
・楽天オート
・カーセンサー
・オークネット.jp
・Goo-net
・バイカージャパン
・CAR NEXT
・車買取EX
・車選び.com

 

カービューから始まった一括査定システム(サイト)も、現在ではその数を急激に増やしつつあります。そのため、どのシステム(サイト)を利用したらいいのかお悩みになる方も多いはず。そんな時には、

  • 参加している大手買い取り店の多さ
  • システムの使いやすさ
  • システム運用会社の信頼性

上記3点に注意して選んでみましょう。また、一括査定システム(サイト)の利用自体はほとんどの所が無料ですので、同時に複数のシステム(サイト)を利用してみるのも有効な方法です。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。