1. ホーム
  2. 査定
  3. ≫ダイハツを支えた立役者“ミラ”の車査定に待ち受ける現実

ダイハツを支えた立役者“ミラ”の車査定に待ち受ける現実

ダイハツのミラは取り回しバツグンのスモールサイズが最大の売り
バツグンの低価格が逆効果に?ミラをめぐる買取査定事情とは
「どんな車にも価値がある」ということを再認識させてくれるサイト

【往年のライバル“アルト”と熾烈な争い】

  • ミラはスズキのアルトとライバル関係にある、ダイハツを代表する軽自動車
  • 現行モデルは2006年にフルモデルチェンジされた7代目
  • 居住性に優れたトールワゴンが主流の現在でも、小ささを活かしたスタイルを継承

日本の自動車メーカー“ダイハツ”といえば、あなたならどんな車種を思い浮かべますか?

恐らく多くの方が「ミラ」と答えることでしょう。“ダイハツ=ミラ”―――私たち日本人の心にそのようなイメージが定着するほど、ミラはダイハツの歴史を語る上で欠かせない存在となっている一台です。

mira

ミラといえば販売当初からスズキのアルトをライバルに、抜きつ抜かれつのトップシェア争いを展開してきた事でも有名で、最盛期の1991年には年間の新車販売台数が28万台を突破するほどの勢いでした。しかし、時代が変われば軽自動車に求められるニーズも変わるもの。「軽自動車の歴史を変えた」とまで言われているワゴンRがスズキから登場したことで、「小さいこと」がセールスポイントだった軽自動車にも、ゆとりある居住性が求められる時代へと一変したのです。

しかしそうした中でもミラはそのスタイルを変えることなく、現在でも「小ささ」を一つの個性として愛されています。現行モデルのミラは2006年のフルモデルチェンジを最後に7代目を数えます。トールワゴン全盛である現代において、ミラは一貫してハッチバックスタイルを採用し、ボディサイズもそれらより小さくなっています。

グレードは現行の7代目から商用モデルのバンを除いて3ドアモデルは廃止されましたが、スポーティなカスタムシリーズはそのまま存続。また、初代モデルが発売された当初は営業車を意識したウォークスルーバンなども設定さていましたが、1994年に登場した4代目を境にラインナップから外されています。

【新車価格の安さも買取価格低迷の一因】

  • 現行モデルに設定されたグレードはMT専用車の“Xスペシャル”のみ
  • 人気の派生車種“ミライース”の存在がミラの買取事情を圧迫
  • 市場に流通する膨大な数の中古車両もシビアな査定事情に拍車をかける形に

初代モデルの発売開始当初こそ様々なグレードがラインナップされていたミラですが、フルモデルチェンジを重ねるごとにその規模は縮小され、現在では「Xスペシャル」のみの設定となっています。しかも「Xスペシャル」はMT専用車ということで、ミラはこれまでの乗用モデルとしての座を派生車種である“ミライース”に譲る結果に。同じ様な車であればより低燃費なモデルが優遇されるのはニーズを考えてもそれが自然の流れといえます。

miraes

こうした事情から、ミラの買取事情は非常にシビアと言わざるを得ません。もともとミラは営業車や商用車としてのニーズが高い上に派生車種であるミライースに人気が集中していることなどから、査定評価はかなり厳しいものになっています。

さらには中古車市場に溢れるミラの存在もそれに輪をかける結果に。中古車販売店でも相当数の在庫を抱えていることが予想されますので、まだ十分に乗れるような新しい年式の車両であっても在庫過多を理由に査定額が付かないケースも考慮せねばなりません

ミラの購買層に目を向けてみても、「とにかく安く買いたい=動けばいい」という考えのユーザーが少なくありません。そのため販売店側は高値をつけて店先に並べることもできませんし、そもそもの新車価格が低めに設定されているのがミラの特色でもありますから、リセールバリューという点からも高値での買取は難しい車種と言えます。

u-n1-f

ミラを少しでも高く売るためには、車両状態の良さで好印象をアピールするほかありません。いかに新車に近い状態を維持できるかにかかっていますので、普段からの扱い方が大きく明暗を分けることになるでしょう。

【頼みの綱は一括査定】

現行モデルでさえも在庫状況によっては査定額がつかない可能性があるミラだけに、それ以前の旧モデルとなると本当にただ引き取ってもらうだけになる状況も考えられます。また、軽自動車自体は利便性も高く需要も多いですが、それらの人気モデルはハイトールタイプが多くを占めているという現実もミラにとっては大きな逆境になっています。

さらに、ミラには“安いからこそ売れる車”という一面が強いため、あえてそれを高値で買取り高値で売ろうと考える業者はまずいません。ミラは多少高くてもニーズのある軽自動車とは言えないのです。

前述したように、中古車市場には溢れるほどの台数が流通してしまっているため、苦戦は避けられません。高額査定を得るには車両状態の良さに加えて買取業者の事情も考慮する必要があります。月末や年度末、ボーナス時期といった査定が甘くなりやすいタイミングを狙うのもひとつの方法です。

calender-f

しかしその前にあなたのミラには本当に査定額がつかないのか、ここはひとつ中古車一括査定サイトなどを利用してそれを確かめてみましょう。

「査定額0円と言われていた愛車に値がついた」
「5万円と言われていた愛車が20万円で売れた」

一括査定サイトを利用した方の間では、このような声が実際に上がっているのです。中には「動かない車に値段がついた」というケースまであるくらい。査定事情の厳しいミラでも一括査定サイトを利用することで、きっと新たな活路が見出せます。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。