1. ホーム
  2. 価格
  3. ≫中古車買取店による査定の見積価格はどう決められている?

中古車買取店による査定の見積価格はどう決められている?

ベースはJAAI(日本自動車査定協会)によって定められた査定基準
査定評価を左右する“標準状態”と呼ばれる基準項目の存在
最終的な見積価格は査定士の技量や価値観によって微妙に異なる

【査定士によるバラつきを防止】

  • 中古車査定はJAAI(日本自動車査定協会)の定めた基準にそって行われる
  • 車には車種ごとに“クラス”が決められている
  • 査定ではクラスごとの基本価格をベースに車両状態が加味される

中古車を買取店に売却する時は買取業者の査定士による「査定」を受け、見積を貰わなければいけません。査定結果は最終的な買取価格に直結するため、私たちユーザーからしてもどのように決められているのか気になるところ。実際の査定では、査定士によって結果に大きなばらつきが出ることを防ぐため、JAAI(日本自動車査定協会)によって定められた基準にそって査定価格の算出が行われています。

それでは実際に、査定価格の算出方法を見ていきましょう。
査定の現場ではまず、査定する車がどのクラスに属するかを調べ、市場で取引されている実際の小売価格を元に「基本価格」を決定します。一般的にはあまり知られていないことですが、車にはあらかじめ車種に応じた「クラス」が決められており、国産車の場合は特C~軽まで8個クラス、輸入車の場合は特~Ⅵまで7クラスにそれぞれ分けられるのです。

基本価格が決まればこの価格をベースにそれぞれの車両状態に合わせた査定を行い、見積を出していきます。

sateishi-z

【“標準状態”をいかに満たしているかがポイント】

  • 加減点のベースになるのは6項目の条件を満たした「標準状態」の中古車
  • 標準状態に満たない箇所はマイナス査定、満たしている箇所はプラス査定の対象になる
  • 最終的な査定価格は、標準状態6項目を照らし合わせた加減点の合計から算出

査定を受ける車の状態には「標準状態」という考え方があり、以下の6項目を満たしている車両を「標準状態である」としています。

■標準状態
・外装、内装は無傷である
・エンジン、足回りは走行に支障なく良好であること
・車検の残り月数は3ヵ月以内とする
・走行キロ数は標準走行キロとする
・タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること
・その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと
※標準走行キロとは“1年で1万キロ”を言い、5年間所有した車であれば走行距離5万キロ程度が標準走行キロとなります

satei2-z

買取業者の査定士はそれぞれの項目と照らし合わせながら、「加減点」によって車を隅々まで点検していきます。ちなみに「標準状態」は基本価格になりますので、「プラスマイナス0(加減点なし)」となります。どの項目も状態に応じて加減点が行われますが、電装・修復歴等の項目で加点がされることはありません。また、車検や自賠責に残りが無くても、マイナス査定にはなりません

他にも、「外装・内装は無傷である」状態を標準とする場合、ボディに傷がついていたりシートに損傷があれば減点となり、マイナス査定の対象になります。また逆に「タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること」が標準状態の条件である中、3mm以上の溝が残っているということであれば、標準状態をさらに満たしていることから加点となりプラス査定の対象になります。

査定ではこうして標準状態6項目を照らし合わせて最終的に点数を合計し、査定価格を算出していきます。

dentaku6-f

【人間による仕事には多少の“誤差”がつきもの】

以上のように中古車の買取査定ではまずそれぞれの車種ごとの「基本価格」を調べ、そこから査定士による「加減点」の査定を行い、最終的な「査定価格」が決定するという流れで見積りが出されます。

ただしここで注意して頂きたいのが、査定にはベースとなる基準は設けられていても、査定を実際に行うのは“人間”であるここと。つまり標準化された加減点の査定であっても、査定士の技量や経験によって結果に多少の差は生じてしまうのです。また、最初に決められる「基本価格」も買取業者による得意不得意の影響を受ける部分になりますので、買取の依頼先によって価格は変わります。

ikkatsusatei-z

こうした事実から言えることは、「買取業者によって査定額の見積りは大きく異なる」ということです。A社では20万円と言われた車がB社では40万円になった…というように、倍の価格になる事例も珍しくありません。そのため中古車を売却する時は買取査定を1社のみに任せるのではなく、インターネットの中古車一括査定サイトなどを利用して複数社から見積を集めることが大切です。

一括査定サイトであれば買取業者同士で提示額の価格競争が起こるため、さらに高額な買取価格に期待が高まります。

中古車一括査定サイトのワナ

愛車を売却する際、ここ数年主流になっている「中古車一括査定サイト」に登録し、自宅に複数の買取業者を呼んで査定額を釣り上げるのも悪い方法ではありません。あなたが交渉事が得意であればこれでOKです。

しかし、あなたが交渉事が得意では無いなら、一括査定サイトの利用は少し考えたほうがいいかも知れません。

なぜなら、一括査定サイトに査定登録すると登録して1分もたたない内に、

  • 専売交渉権をくれたら最高値を出します!
  • 真っ先にかけつけるのでウチに売ってくれ!

と買取業者からの電話が鳴りやまず、査定交渉の前の段階でストレスマックスになり冷静さを失い判断力が低下してしまうからです。

電話が鳴りやまない

また、ストレスに耐えられたとしても、交渉のプロを相手に対面で査定額を釣り上げるのはなかなか容易ではなく、思ったほどの高額査定を引き出せないまま妥協してサインしてしまい悔いが後々まで残ってしまう事になりかねませんので注意が必要です。

これらのマイナス面をカバーし「対面なし」「交渉なし」で一括査定サイトと同等以上の高い査定額を引き出す事に挑戦し成功を納めつつある新方式が「ユーカーパック」というweb上での無料一括査定です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の様な手順になります。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査(無料)をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みとなっています。

カーオークション

対面交渉が必要ありませんので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュ障ぎみの方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、新方式であるweb上での無料一括査定の方がストレスなく高値で売り抜ける可能性が高まると思います。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。ご参考までに。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
運営 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
高額
査定
期待
対面
交渉
相手

8~12社

なし

1社

面倒
臭さ
詳細へ

↑web上での無料一括査定↑

妙に多く読まれている記事

  • 利用してはダメなサイト

    大手車買取業者が運営しているサイトや、有名な一括査定サイトの中にも利用してはいけないサイトが結構多いので注意が必要です。

  • 査定店に車を持ち込むな!

    愛車を売却するときに車買取店に査定のために自分から車を持ち込みしたら足元見られて大損するぞ!という実話を漫画にしてみました。

  • 著名人のアドバイス

    All Aboutなどで連載を持っている車の専門家や著名人たちの意見を聞いておくことは車を売却するさい大きな判断基準になると思います。