1. ホーム

車買取~面倒な査定交渉なしで半自動で愛車を最高値で売却する裏技【新方式】

愛車の売却

この記事を読んでいるあなたは、何かしらの事情で愛車を手放す時期にきていて、

「どうやったらストレスなく、かつ最高値で自分の車を売り抜く事ことができるのか」

と考えているのではないでしょうか。

お世話になった愛車を手放すのは心が痛みますよね。よく分かります。大げさな話ではなく我が子を手放すのに近い感情が生まれても全く不思議ではありません。

I love my car.

だからこそ、自分の愛車はできるだけ高く買い取ってもらいたいと思うのは極々自然なことです。できれば少ない労力でストレスなく最高値での売却交渉を成立させたいですよね。

そこでこの記事では、

  • 安く買いたたかれるディーラー下取り
  • マイナスでしかない町の買取業者への持ち込み査定
  • 高値が出やすく流行している一括査定サイトの「裏」の実態

これらを解説するとともに、対面交渉がなくストレスがかからないのに一括査定サイトよりさらに高い「本当の最高値査定」をかんたんに引き出す新査定方式(ユーカーパック)の最新情報をお伝えします。

査定最高値

新査定方式は下取り査定の倍くらい査定額が出ることもあります。ぜひあなたの大切な愛車を全国最高値で売り抜いてください。心から応援しています。

ディーラー下取りは新車を買うタイミングですら損をします

カーディーラーにて商談中

愛車を手放すタイミングで一番多いのが、車の買い替え時ではないでしょうか。このような時に頭にまず浮かぶのは、多くの人が「下取り」だと思います。

結論をまずお伝えすると、ディーラーや中古車ショップでの下取りは99%以上の確率で損をします。
※100%と言っても過言ではないかもです

多くのディーラーや中古ショップの営業担当が殺し文句で使うのが、

  • 「お車を買っていただくので赤字覚悟で目一杯の査定を付けさせていただきました」
  • 「新車の方の値引きは難しいのでその分を下取りに反映させて限界値まで査定付けさせていただきました」

上記のセリフのどちらかだと思います。

ごますり
※最近は凄腕の女性査定員も増えています

しかし、これはウソです。「ウソとは言い過ぎだろう」と言われるかもしれませんが、ウソです。ディーラーや中古車販売店は車の販売で稼いでいるイメージがありますが、実はもっとも利幅が大きく確実に稼げるのが「下取り」なのです。

日本人は性格的に値引き交渉や、あるいは査定額を釣り上げるようなお金にかかわる交渉事が苦手です。
※関西人は別です

そこに付け込むのが新車ディーラーや中古車販売店の営業マンで、言葉巧みに安く買いたたくのです。

悪巧み

仕入れが安ければ安いほど転売する時の利益が大きくなるので、下取りこそ営業マンの腕の見せ所です。自分の営業成績に直結するので言葉巧みに客を言いくるめ、さも最高値の査定を付けたかのように演出をします。

このような状況であなたの愛車に最高の査定額が付くわけがありませんよね。たいだい4割くらい低い査定しか付きません。さらに大きな問題は、低い査定額であることをオーナーが気づくことがまずないという点です。

サラリーマンで購買の仕事をしている人なら経験があると思いますが、資材などを購入するときには「価格比較」をします。いわゆる「あいみつ(相見積もり)」です。

価格を比較

サラリーマンでなくても、買い物をするときにあなたは「価格ドットコム」などの価格比較サイトを見たり、あるいは楽天などで「安い順」に表示し直したりしますよね?

このように、比較することで初めて金額が妥当なのかどうか分かるのに、1社に査定を任せてしまう事になる「下取り」で最高値が付くわけがないのです。「下取りは100%損をします」と言ったのはこのためです。

町の買取専門店も「下取り」と構造は同じで必ず損します

街の車買取専門店

街の大きな道路を走っていると、いろいろな中古車買い取りショップがあることに気づくと思います。有名どころでいえば、ビッグモーターやカーセブン、ガリバー、アップルなどです。

これらの中古車買取専門業者も、構造はディーラーや中古車販売店での「下取り」と構造は同じです。一対一の対面交渉になるので査定額の比較ができません。

もし複数の買取専門店を回ったとしても、「その瞬間」は一対一になるので、交渉のプロである海千山千の買取業者の魔術トークの前では、あなたは赤子のように簡単にねじ伏せられてしまいます。

こういった業者に持ち込みで査定してもらうことは「確実な敗北」を意味するので絶対に手を出さないでください。

もしどうしても「今日中に現金が欲しい」という場合でも行ってはダメです。今日中に現金が欲しいなら誰かに借りてください。
※ただし、間違っても闇金には手を出さないください

アコム

プロミスやアコムなどの金利がいくら高くても、最高値から4割以上低い査定額で買いたたかれてしまうことを考えたら、消費者金融の金利のほうが安いです。

例えば10年物のフィットを例にとりましょう。後ほど説明するユーカーパック(新査定方式)を利用すれば、40万くらいの値が付くこともあります。町の買取専門業者に行くとせいぜい25万円くらいがいいところで、場合によっては足元を見られて15万円くらいしか査定がつかないこともあります。

この時点であなたの手に入るはずの最高値から15~25万円も低い計算ですよね。

そこで実際にアコムやプロミスで20万円借りたとします。1週間の金利はどんなに高くても15%くらいです。20万円×15%ということは3万円で、3万円の利息を払って「時間を買えばいい」のです。

1週間もあれば、新査定方式(ユーカーパック)なら、「余裕」で最高値(40万円など)であなたの車を売り抜けるので、「今日中にどうしても現金が欲しい」ならアコムやプロミスでお金を借りて時間を稼いでください。

プロミス

そして、1週間で新査定方式を利用して車を売却し、その売ったお金で借りた所にお金を返してください。

高額査定が期待できる「一括査定サイト」の裏の実態

中古車一括査定
画像引用元:かんたん車査定ガイド

ここ数年で一気に市場が伸びてきた売却の方式が「中古車一括査定サイト」です。

カーセンサーやgoo、carvier(カービュー)、ナビクルなどが有名で、最近では楽天系列の一括査定サイトもじわじわと勢力を伸ばしています。

一括査定サイトの仕組みは下記の通りです。

  1. 一括査定サイトに査定登録する
  2. 近くの買取専門業者が5~10社くらい自宅に来て実車を査定
  3. その場で最高値を提示した業者と売却交渉する

ざっくりこのような流れです。

複数の買取業者が自宅に集まってくれ、お互いが競争しあい高値の査定額が出やすく利用者が増えていますが、一括査定サイトでの売却を経験した人なら誰しもが「ストレスMAXになるからもう2度と利用しない」と答えるでしょう。

ストレスMAXな状態

ストレスMAXになる理由は2つあります。1つはいつまでも鳴りやまない電話攻勢と、2つ目は現地での激しい査定交渉です。

一括査定サイトに登録すると、1分もたたないうちに登録した携帯電話がジャンジャンなります。夜中でもお構いなしです。

それは、どの業者も専用交渉権が欲しいからです。

  • 他を断ってくれたら間違いなく普通では出せない最高値を約束します!
  • イの一番で伺うのでウチに売ってください。特別な査定額を提示しますので!
  • その車種はウチの買取強化車なので他の業者より高く買い取れます!

などなど手を変え品を変え激しく営業をかけてきます。

電話が鳴りやまない

電話攻勢をかわして現地に複数の業者を集めることに成功したとします。実はこれがなかなかの地獄の始まります。

実は自宅にやってくる営業マンは査定権限を持っていない場合がほとんどで、実車を点検してデータをipadなどのタブレット端末に打ち込んで自社に送信します。

そのデータを受け取った本社側が査定額を出して現地の営業マンに結果を伝えるのですが、これが軽く1時間以上かかってしまうのです。

待っている間に、各社の営業マンがなんとか自分に振り向いてくれるよう目ざとく話しかけてき、そればかりかまだ現場に到着していないライバル業者の悪口を言ったり、「まだ来ていない業者は買う気がない証拠なので電話で断ってください」と言われたりします。

あなたが対面交渉が苦ではなかったり、あるいは買い物するときに必ず値切り交渉をできるような鉄のハートの持ち主であれば問題ないですが、交渉事がそれほど得意でないならトレスMAXになると思います。

ストレスにぎりぎり耐えたとしても、あなたの愛車が自宅に集まってくれた買取業者の「買取強化指定車種」でないなら、「えっ、こんなに低いの?」という査定額しか引き出せないことも珍しくありません。

あなたの愛車がランドクルーザーやアルファード、プリウスやフィット、あるいはN-BOXやタントなどの人気車種ならまだしも、そうでないなら一括査定サイトの利用は慎重に考え踏み留まった方が賢明かもしれません。

断る

マイナーな車だと、全国を探せば買取強化指定に該当する場合もありますが、家の周辺の買取業者しか集まらない一括査定サイトは「人気車種」で無い限り高額査定が出ることはむしろ稀(まれ)です。

これが中古車一括査定サイトの盲点なのです。

最高値の期待大!ネットオークションの様な「web上での一括査定」

今もっとも簡単でストレスなく最高値の査定額を狙えるのが、「web上での一括査定」、ユーカーパックという無料査定サービスです。

ユーカーパックの「売り」は面倒な対面査定交渉が一切ないことです。コミュニケーションが苦手な人や、女性の方は特に重宝できる画期的な査定方式です。

web上での無料一括査定(ユーカーパック)は下記の手順です。

自宅、あるいはユーカーパック提携店(ガソリンスタンド等)で車の状態調査をしてもらう。※営業一切なし
上記の調査データをユーカーパックが個人情報を伏せた上で全国の買取業者(2千社)に送信
全国最高値の査定結果がユーカーパックからあなたの元に届きその額で売るかどうかゆっくり考える

このように、ユーカーパック(web上での無料一括査定)はネットオークションに近い仕組みです。

カーオークション

対面査定交渉が不要なので、

女性の方
すぐに決断するのが苦手な方
対面交渉に自信がない方
断るのが苦手な方
コミュニケーションが苦手の方

上記に一つ以上当てはまるなら、従来型の対面での一括査定ではなく、web上での無料一括査定(ユーカーパック)の方がストレスなく最高値で売り抜ける可能性が非常に高いと思います。

筆者が思う個人的なマイナス面は、タレントを前面に出して宣伝を開始したことです。

ユーカーパック

CM料が高額なタレント、ローラを起用できることで分かるとおり、ユーカーパックは今最もユーザーからの支持を得ている勢いのある査定サービスです。

だからこそ余計なことはせず、実力一本で勝負してもらいたいと思うのです。※ただの個人的な感想です。

下記に、ディーラー下取りや従来型の一括査定(対面交渉要)と、新方式であるweb上での一括査定(ユーカーパック)との違いが分かるよう比較表を作ってみました。参考にしてください。

査定
方式
対面交渉型一括査定
(従来型)
web上の無料一括査定
(新方式)
ディーラー下取りや
買取業者持込み査定
社名等 gooカーセンサーcarview ユーカーパック ディーラー下取り
査定
交渉
相手
8~12社
なし
1社
交渉
簡易度
高額
査定
期待度

↑web上での無料一括査定↑